賢く今人気の無線LANを選ぼう
2020年6月9日 無線LANルーターの各機能を比較してみると

無線LANルーターの各機能を比較してみると

今では、さまざまな無線LANルーターが市場に出回っていますが、自分の用途や通信環境に適したものを選ぶことが何よりも大切になります。

そこで、いくつか機能を比較しながら、購入する前に知っておきたい知識をいくつか挙げていきたいと思います。無線LANルーターを選ぶ際に、まず最初にチェックしたいのが「転送スピード」です。これは製品選びのポイントの中では重要度が高く、これによって動作のスムーズ性がだいぶ変わってきます。現在出回っている無線LANルーターには、「5GHz帯」を使う「11acルーター」も多くなり、転送速度が速いためアプリのダウンロードや動画を見るのにもスムーズな使い勝手を実現しています。また、「5GHz」と「2.4GHz」の両方が使える「11nルーター」もあります。次に、周波数帯による違いを比較してみましょう。

まず2.4GHz帯は、対応している製品が多くあり、壁など家の中の障害物の影響を受けにくく無線が届きやすいという特徴を持っています。その反面、チャンネル数が少ないことから電波干渉が起こりやすく、通信速度が遅くなることもあります。一方の5GHz帯は、チャンネル数が多いことで電波干渉の心配なく使用できるという利点を持っています。反面、天井や壁などの障害物には弱く、ルーターが1階にあって2階でネットを使用する際などは、電波が届きにくい場合もあるようです。最後に、アンテナの種類による比較ですが、内蔵タイプの無線LANルーターはアンテナの向きが固定のため、ヨコは良くてもタテの方向には電波が飛びにくく、2・3階建ての家での使用にはあまり向いているとは言えません。一方の外付け型は、アンテナの向きを変えられますので、好きな方向に電波を飛ばすことが出来て便利です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *